海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

カンタベリー補習授業校(平成26年度)

(1)学校名 カンタベリー補習授業校
(2)責任者名 校長 古川 明
(3)担当者名 事務主事 宮本 祥子
(4)事業の名称 日本から講師を招聘し「伝え合う力を育てる国語科の授業」に関する研究公開授業、研究協議会、教育講演会を開催
(5)事案の概要 児童・生徒の学習意欲を高め、伝え合う力を育てるため、全教員で国語科の授業研究を行った。各教員は、指導案を事前に配布し、授業の様子はビデオカメラに収めた。後日、その映像を各教員が視聴し、研究協議会用付箋に気づいたことを記入した。研究協議会用付箋は座標軸ボードに貼り、話し合いの論点を予め整理できるようにした。そして, 研究協議会はワークショップ型とし、互いに研究テーマを意識して議論ができるようにした。その結果、補習校での経験の浅い教員でも、共通の目標に迫る授業研究仲間として、研究協議会に臨み、また、研究授業にも意欲的に取り組む授業者が多くなった。研究授業について話し合う研究協議会が、教員としての資質と授業力をつける学び合いの場にもなった。
神戸大学附属小学校の杉浦浩先生には、保護者・在留邦人向け教育講演会「今後の海外子女教育について〜多文化共生教育〜」で、講演をいただいた。保護者・在留邦人の方々からは大変好評で、「大変ためになったので、次回も是非同じ講師をお願いしたい」という声を数多くうかがった。また、杉浦先生には、補習校のかかえる課題を予めご理解いただいたうえで、補習校教員に適切かつ丁寧な指導をいただき大変感謝している。
(6)実施時期 2014年4月〜2015年2月
(7)経費確定額 円貨換算額:361,836円
(8)成果物

・研究紀要『自ら考え、学び合う子どもをめざして』
・記録ビデオ(教育講演会、小6授業研究、研究協議会)
・公開授業指導案

(9)写真等

教育講演会の様子

小学部1年授業の様子

小学部5年授業の様子

小学部6年授業の様子

中学部2年授業の様子

研究協議会の様子

財団援助額 180,000円