海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

ムンバイ日本人学校(平成25年度)

(1)学校名 ムンバイ日本人学校
(2)責任者名 運営委員長 海老原 崇
(3)担当者名 校長 武井 諭
(4)事業の名称 社会科副読本の改訂
(5)事案の概要 2012年度当初、本校の社会科副読本から既に6年を経ており、しかも、校舎移転(=2011年4月)、校名変更(=2013年4月)という2度の大きな変革を迎え、どうしても社会科副読本の改訂が必要となった。その主な理由として、@ 校舎が移転したことにより、校舎付近の地理的条件が全く変わったこと、A 校名の変更により、副読本自体の名称に齟齬が出ること、B気候データや地域の様子、物品・交通費の価格などにおいて変化に体操しておらず、データ修正が不可欠だったこと等が挙げられる。 こうして平成24年度(2012年度)、教員7名により、ページごとに分担を決めて、改訂をすることとした。当初2カ年がかかると予想した事業も、思いの外短期に作業が進み、今年度4月、印刷・製本が完了した。今年度より、社会科や生活・総合学習の資料として活用を始める一方、当地の日本人会や日本語学習をする現地の人達にもお分けし、好評をいただいている。
(6)実施時期 2013年4月(完了)
(7)経費確定額 円貨換算額:1,402,380円 現地通貨合計額:882,000インド・ルピー
(8)成果物

・私たちの住むインド・ムンバイ

(9)写真等

指導教員と子どもたちが活用している様子@(4年社会)

指導教員と子どもたちが活用している様子A(4年社会)

成果物

副読本を寄贈したムンバイ大学日本語教員と在ムンバイ日本国総領事館領事(写真右から)

児童調べ学習該当ページ

財団援助額 200,000円