海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

コロンバス(OH)補習授業校(平成15年度)

(1)学校名 コロンバス(OH)補習授業校(アメリカ・オハイオ州)
(2)責任者名 運営委員長 大森 博之、校長 中村 和則
(3)担当者名 教頭 大橋 宏朗
(4)事業の名称 現地採用教員早期育成プログラム(評価システムと研修システム)の構築 〜オハイオ州補習授業校教育改革連絡会の設立
(5)事案の概要 大規模補習授業校は勿論、中小規模の補習授業校においては教員の確保、早期育成が慢性的かつ深刻な課題である。経験がない、もしくは経験が浅い現地採用教員が、担任としての学級指導、教科指導をできるだけ早期に習得し、実践するためには、体系的で効率的な教員育成システムの構築が必要である。
そこで今回、コロンバス日本語補習校が幹事校となり、オハイオ州内4校の補習授業校(西部オハイオ日本語学校補習校・シンシナティ日本語補習校・トリド日本人補習校・クリーブランド日本語補習校)と共同研究し、補習授業校の現状課題解決のために、オハイオ州補習授業校教育改革連絡会を設置し、現地採用教員の早期育成プログラム(評価システムと研修システム)を構築し、協力して実践することにより、この成果を提供することとする。
(6)実施時期 平成15(2003)年9月〜16年3月
(7)経費確定額 901,560円 (8,196.00ドル)
(8)成果物

研究紀要

(9)写真等

オハイオ州補習授業校教育改革連絡会の様子

コロンバス日本語補習校教員研修会における「評価システム」説明の様子

幹事校(コロンバス日本語補習校)でのスタッフ(教務小委員会)会議の様子

※研究紀要(表紙)

※研究紀要(一部)

財団援助額 700,000円