海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

スラバヤ日本人学校(平成24年度)

(1)学校名 スラバヤ日本人学校
(2)責任者名 校長 岩渕 初生
(3)担当者名 教諭 市川 孝仁
(4)事業の名称 社会科副読本「スラバヤ」の改訂
(5)事案の概要 本事案は、本校の社会科副読本『スラバヤ』を全面的に改訂し、小学3・4年の社会科学習(主として地域学習)と小学3年生以上の地域理解教育をより効果的に推進することを目的に実施したものである。
本校では、本事案の目的を達成するため、副読本編集担当を中心に編集委員会を設置し、次の3点を趣旨として副読本の改訂にあたった。

 @新学習指導要領の実施にあわせて内容を見直す。
 Aスラバヤ市の急激な発展と変化に伴い、掲載内容を見直す。
 B小学3・4年生の地域学習のため、実際に活用しやすい内容にする。

この趣旨に沿い、編集委員会では1年間をかけて取材を行ってきた。そして、我が国の都道府県について学習する「わたしたちの県」を除くすべての単元に関して、学習指導に合った形の内容を編集することができた。また、授業で使用する学習カードや単元テストなども作成し、教師が指導に生かすことができるようにした。
(6)実施時期 2012年4月 〜 2013年2月 完了
(7)経費確定額 円貨換算額:309,015円  現地通貨合計額:34,335,000 インドネシアルピア
(8)成果物

・社会科副読本『スラバヤ』
・社会科副読本『スラバヤ』 教師用指導書
・単元テスト(サンプル)
・学習カード(サンプル)

(9)写真等

@社会科副読本『スラバヤ』第4版 表紙

A児童の学習の様子(副読本記載内容の学習)

B児童が見学している様子(副読本記載内容の学習)

C編集委員が取材活動をしている様子@

D編集委員が取材活動をしている様子A

E編集委員会の会議の様子

財団援助額 137,000円