海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

上海日本人学校 浦東校(平成20年度)

(1)学校名 上海日本人学校 浦東校
(2)責任者名 校長 鶴 三紀雄
(3)担当者名 教頭 大野 芳之
(4)事業の名称 教職員研修会「ソーシャルスキル」(講演と実技)
(5)事案の概要 「他人を認められない」といった子や、「感情のコントロールができない」「場の空気を読めない」「人間関係を築きにくい」「コミュニケーションが難しい」といった対人関係での課題を抱える児童生徒が上海日本人学校浦東校にも多く在籍している。こうした児童生徒に対して特別支援教室としての対応だけでは十分ではない。各担任が学級という集団の中でその子どもたちをどのように指導していくかが上海日本人学校浦東校として大きな課題となっている。 そこで、対人関係能力を育てることを目的とした「ソーシャルスキル教育」について教職員を対象に校内研修を計画した。発達障害のあるなしにかかわらず様々な児童生徒を視野に入れ、ソーシャルスキル教育の分野での専門家に実技を伴った講義をしてもらうことで、教職員の指導力を磨き、本校の教育力の向上を図ることとした。 平成20年11月13日 16時から浦東校2階武道場において浦東校教職員61名、虹橋校教職員4名の参加により実施した。今回の研修内容は3部より構成されていた。第一部「ソーシャルスキル概要」第2部「役割交代法によるロールプレイ」第3部「小グループによる傾聴体験学習」を行った。
(6)実施時期 2008年11月完了
(7)経費確定額 円貨換算額:218,125円 現地通貨合計額:RMB15,451.68
(8)成果物 ・研修会資料
・記録ビデオ
(9)写真等

ソーシャルスキル概論

小グループによる傾聴体験学習

役割交代方によるロールプレイ

財団援助額 110,000円