海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

ヘルシンキ補習授業校(平成16年度)

(1)学校名 ヘルシンキ日本語補習学校
(2)責任者名 運営委員長 ヒルトゥネン久美子
(3)担当者名 ヒルトゥネン久美子
(4)事業の名称 フィンランドで日本文化を検証!プラス現地に広めようプロジェクト
(5)事案の概要 フィンランドで生まれ育った子供たち、また日本から来たばかりの子供たち、育った環境・文化背景が様々な本校の生徒たちに日本の伝統文化を体験させる機会を作りました。この夏ヘルシンキに出来たばかりの裏千家の茶室での茶道体験。そして時間的・経費上の制約から日頃取り組むことが難しかった書道授業。これらの文化をフィンランドで体験・検証し学内で発表、またその成果をフィンランド人との交流の場で披露しました。茶室では正座に苦戦しながらも、真剣に作法を学ぶ姿は新鮮でほほえましく、また書道では墨の香りを嗅ぎ、筆で字を書くことさえ初めての体験という生徒も多くいましたが精神を集中させ、書の決まりを念頭に置きながら、一文字ずつ丁寧に書く姿も好感の持てるものでした。生徒たちの努力の結果は学内のクリスマス発表会で披露されました。また現地校のバザーや在フィンの日本文化団体主催のイベント参加を通して、生徒自ら披露し文化交流の大きな役割を果たしました。これらの文化体験を通して母国への理解が更に深まりました。またフィンランド人への文化紹介を通じて、生徒たちは文化交流の素晴らしさを味わってくれたと確信していますし、今後も更に活発な学校運営に繋がることを期待しています。
(6)実施時期 平成16(2004)年8月〜平成17(2005)年3月完了
(7)経費確定額 107,295円(783.18ユーロ)
(8)成果物 *茶道検証新聞
*茶室体験感想文
*茶室体験ビデオVHS
*書道作品集
*書道授業実施報告書、講師感想レポート
*茶道、講師と指導者の感想レポート
*CD-ROMラジオニュース7「書道の世界」(小学6年生クラス)
(9)写真等

お茶室体験風景3・・・各自お茶を点てたときの様子

茶道「現地校バザー2」参加風景・・フィンランド人に味わっていただいた

茶道「餅つき大会」参加風景2A・・フィンランド人に茶道デモンストレーション披露

茶道「餅つきたい会」参加風景6A・・フィンランド人の子供たちに即席茶道教室

クリスマス発表会「劇・ぶんぶく茶釜」風景

クリスマス発表会近藤日本大使ご夫妻、ぶんぶく茶釜でお茶を味わっていただいたときの様子

書道授業風景(6年生クラス)

書道「現地校バザー2」参加風景・・日本語で名前書きをしたときの様子

書道「現地校バザー」参加風景

財団援助額 100,000円