出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年11月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年11月号2017.01.30

B5判 56ページ ISSN0287-7058

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年11月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。 

最新号(2018年11月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】 

★AG5だより:
ダラス補習授業校での実践と成果
ダラス補習授業校教諭(AG5コーディネーター) 佐藤恵美・バーバー悦子 (PDF)
今月の顔
早矢仕 晃章さん(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 助教)
子どものころをフランスで過ごした元帰国子女。
「同じテーブルで話さないと通じないことってありますよね。で、話したら相乗効果で、1+1は2よりも大きくなります」と語ります。
★特集:
第39回海外子女文芸作品コンクール審査結果発表 〈PDF〉
約4万点にものぼる応募作品から、特選各賞に選ばれた作品を紹介します。
(別欄で、佳作や優秀等を含めた入賞者の一覧も掲載しています。)
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
言葉の意味編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
「ご出身はどちらですか?」(後編)
直司と敏子には3人の娘がいて、それぞれ、6歳、5歳、1歳のときにアメリカ・ボストンに渡った。
いま、長女は大学2年、次女は大学1年、三女は高校1年生。ここまでの奇跡をふり返る。


受け入れ校紹介〜学校会員ファイル188
帝京中学校・高等学校
海外子女教育振興財団
「第39回海外子女文芸作品コンクール特選入賞者/優秀・佳作入選者一覧 (PDF)
『帰国子女のための学校便覧2019』 (PDF)

海外校シリーズ:
パース日本人学校(PDF)
<学校HP>
マナウス日本人学校(PDF)
<学校HP>
チェンマイ補習授業校(PDF)
キエフ補習授業校(PDF)
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 中山順一
帰国の時期が予想できないため、子どもは将来を見通せず、現地と日本、両方の学習が中途半端になっています。どうしたらいいのでしょうか
 
隔月シリーズ オススメの一冊

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。
奥付 (PDF)  

 

本体価格 700円+税(税込価格 770円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 770 950 1,000 1,050
1年間分 9,240 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。