出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年4月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年4月号2017.01.30

B5判 56ページ ISSN0287-7058

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年4月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。 

最新号(2018年4月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】 

★AG5だより:
在外教育施設の挑戦を支える―-AG5プロジェクトの成果――
AG5運営指導委員会委員長・明治大学特任教授 佐藤郡衛 (PDF)
今月の顔
福野 明子さん(国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館の館長代理・学芸員
子どものころ、ニューヨークとサンパウロで過ごした元帰国子女です。
「(海外で)がんばらなくていいの。自分を開いて、そこにいて感じられるものすべてを
ただ感じてきてください」とメッセージを送ります。
特集1:
日本人学校から現地校等への転学
日本人学校から現地校やインターナショナルスクールに転学した経験を持つ
大学生5人に、当時の気持ちを振り返ってもらいました。
特集2:
海外で幼児を育てる
海外で幼い子どもを育てている、育てたお母さんたち14人に、
奮闘の様子について投稿してもらいました。
★寄稿:
在外教育施設の子どもたちの安全を守る
〜平成29年度に実施した在外教育施設の安全対策強化について〜」
外務省領事局政策課長 森川 徹(PDF)
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
言葉の意味編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
赤い大地に学ぶ(前編)
イギリスからALTとして長野県に来ていたヘレンは、近くの工場に勤務していた直樹と結婚。
そのまま日本で暮らし、あずさと畔奈が生まれ、まさか、家族でアフリカのケニアとタンザニアで暮らすことになるとは……。


受け入れ校紹介〜学校会員ファイル181
浜松開誠館中学校・高等学校
海外子女教育振興財団
「2018年度学校説明会・相談会のご案内」 (PDF)
「2018年度サービスのご案内」 (PDF)

海外校シリーズ:
ウィーン日本人学校(PDF)
<学校HP>
ニュージャージー補習授業校(PDF)
<学校HP>
寧波補習授業校(PDF)
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
ニューヨーク日本人教育審議会・教育文化交流センター教育相談員 バーンズ亀山静子

「小学生の子どもがアメリカの現地校で廊下を走ったから『特別指導』をするという
 連絡が学校からあったのですが、どういうことでしょうか」
 
隔月シリーズ 子どもの本棚

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

奥付 (PDF)  

 
 

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。