海外子女教育ニュース

海外子女教育ニュース

「VTuberで遠隔合同授業をやってみよう!」ワークショップを開催(海外子女教育振興財団・AG5プロジェクト)(2022年2月号)2022.01.20

海外子女教育振興財団はAG5プロジェクトの一環として、遠隔合同授業の取り組みをさらに発展させるため、明治大学AG5研究チームの企画をもとにVTuber(バーチャルユーチューバー)作成ワークショップを開催した。
海外の日本人学校でAG5プロジェクトの「遠隔授業」に取り組み、帰国した教師が対象。テクノロジーとアート、遊び、メディア表現、コミュニケーションについてアイディアをまとめ、学んだことを勤務していたそれぞれの日本人学校で生かす仕組みをつくることを目的としている。
チームラボ株式会社、バーチャルシナリオ事務所のバッキーこと若林慶氏を講師に、約十五人が参加した。「自分の強みをひと筆書きでイラストに表す」自己紹介からスタート。明るい雰囲気のなか、VTuberのバーチャルだからできる教育的活用の可能性を感じる笑いの絶えない1日となった。ワークショップの様子は映像にまとめられ、各学校へ配信される。

一覧に戻る