JOESご利用者のみなさま

外国語保持教室の特徴

言語四技能(読む・書く・話す・聞く)を総合的に学ぶことで、外国語保持をサポート

お子さんが海外で身につけた外国語を保持するためには一般的な外国語学習とは異なるアプローチが必要です。本教室では年齢に相応しい総合的語学力を維持することを目標としています。

 

●長年の実績と最新の理論に基づいたプログラム

40年以上に亘って約5万人の帰国子女を指導してきた実績と、身についた語学力を効果的に保持するための専門家による最新の理論に基づき、帰国子女向けに開発されたJOES独自のカリキュラムで経験豊富な講師陣がお子さんを指導します。

 

●帰国子女のための教室

受講生は全員帰国子女(在日外国人子女を含む)で、授業はすべて英語(フランス語)で行い、お子さんが学んできた海外の現地校やインターナショナルスクールの雰囲気を大切にしております。

 

●お子さんのニーズに合わせたコース

本教室では語学の四技能をバランスよく保持するための「レギュラーコース(フランス語コース)」を中心に、「教科コース」、「目的別コース」、ご自宅でご受講いただける「Webサテライトコース」、夏休み期間中の短期集中型「サマースクール」など各種コースがあります。各コースの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

 

●学年・レベル別のクラス編成

クラスは学年と外国語力の保持レベル別に編成されており、お子さんのレベルに合った授業を行います(フランス語は、学年を軸にクラスを編成しています)。

 

マスコットキャラクター 

Chutie(チューティ)&Chuta(チュー太)

 

【受講のすすめ】 

外国語力は、読む力、書く力、聞く力、話す力の四技能に分けられますが、この四技能は別々に学ぶより総合的に学ぶ方が効果的です。帰国子女にとって、日本にいながら四技能を総動員する機会が与えられるのは外国語保持教室です。私がアドバイザーを務める財団の外国語保持教室は、長年の実績を持ち、指導は帰国子女の外国語保持の言語学の理論に基づいています。クラスは児童・生徒の外国語力と年齢をもとに編成をしているため、適切なレベルの授業を受けられます。すべて外国語で行われる授業は、帰国子女にとって四技能を駆使する貴重な場所です。家庭学習と併せて有効にご活用ください。

 

外国語保持教室アドバイザー 服部 孝彦 先生 プロフィール

初等・中等・高等教育を日米両国で受けた元帰国子女。言語学博士(Ph.D.)。米国ケンタッキー州立ムレー大学(MSU)大学院客員教授等を経て現職。海外子女教育振興財団外国語保持教室アドバイザー、国連英検統括監修官兼外国人面接官指導研修スーパーバイザー、元NHK英語教育番組講師。主な著書に文部科学省検定中学英語教科書『ニューホライズン』(共著、東京書籍)他、著書150冊、学会発表論文155編、学術誌発表論文120編、教育誌執筆記事486編。今までの日本及び海外での英語教育、グローバル教育、帰国子女教育関係の講演回数は合計800回を超える。日本に本拠地を置く現在でも日米間を一年に何往復もしながら、米国の大学での講義・講演、国際学会での研究発表を精力的にこなす。

 

受講生対象の各種サポート・イベント

外国語保持教室では週1回の授業の他、受講生を対象にさまざまなサポートやイベントを行っています。

 

【レポートカード】

各学期終了後、担当講師から受講生一人ひとりの、教室での成果や家庭学習上のアドバイスなどを書いたレポートカードを作成し、保護者の皆さんとご一緒にお子さんの外国語保持をサポートします。



【保持教室マイページ】

お申し込みいただくと、お子さんごとに受講生専用のポータルサイト「保持教室マイページ」のアカウントが発行されます。保持教室マイページは、PC、タブレット、スマートフォン(一部機能はスマートフォンではご覧いただけないことがあります)から、教室に関する各種お知らせの他、お子さんの出欠、各レッスンで出された宿題の確認やダウンロード、各学期の成績表の閲覧、欠席のご連絡や教室の変更希望などのお手続きもウェブ上で行っていただくことができます。なお、JOESから保護者の皆さん向けの情報が更新されると、お届けのEメールアドレスに自動的にお知らせメールが送信されお手軽に最新の情報にアクセスいただくことが可能ですので、是非ご活用ください。

        

【図書の無料貸し出し】

外国語保持に成功させるためには、たくさんの本を読むことが大切です。JOESではテキスト以外にもご自宅で英語やフランス語の本に触れていただけるよう、各教室にライブラリーを設け、図書(英語・フランス語)の無料貸し出しを行っています。

なお、豊田教室ではライブラリーの他、借用施設である中京大学豊田キャンパスの図書館を無料でご利用いただけます(要事前登録・保護者もご利用可)。

【授業参観】

外国語保持教室では、受講生の学習環境を守るために授業の見学はお断りしておりますが、各年度に2回、保護者の皆さんにクラスでのお子さんの様子をご覧いただける機会を設けています。

第1期には"Parents' Day"(5〜6月実施)としてクラスの前半は授業参観、後半は保護者の方と講師との懇談会を設けていますので、外国語保持に関するご質問等もお気軽にお寄せください。第2期には"Open Class"(10〜11月実施)として、クラス全体をご参観いただけますので、この機会に是非ご参加ください。

なお、高校生コース、Webサテライトコースは対象外となります。あらかじめご了承ください。



  

【各種コンテスト】

毎年1回、秋ごろに外国語保持教室の全受講生を対象としたコンテストを実施しています。英語(フランス語)で、Haiku,Poetory,Comic Strip,50Words など、毎回異なるテーマで作品を募集し、事務局と講師が審査します。

なお、優秀な作品にはJOESから賞品が贈られる他、受講生全員に配布される小冊子、JOESウェブサイト、「月刊海外子女教育」にて掲載される予定です。

 

  

【自宅学習支援教材のご提供】

外国語保持教室を受講している小学2年生から中学3年生の(フランス語コースは除く)のお子さんを対象に、オンライン学習ツール"i-Ready®"(※)を無償で提供しています。PC、タブレット端末とインターネット回線があればどこからでも受講でき、定期的に行われるテストの結果に応じてお子さんに合わせた課題が出題されるのが大きな特徴です。また、お子さんのLexile Score(※)なども診断されます。

本教室の授業では特に使用しませんが、受講日以外にも本教材を利用することでお子さんの読解力向上にお役立てください。

※i-Ready®は、アメリカ・マサチューセッツ州で開発され、アメリカの現地校を中心に全世界で約600万人のユーザーが利用しているオンラインの英語学習教材です。プログラムにはReadingとMathが提供されています(外国語保持教室ではReadingのみ無償・Mathの受講をご希望の場合は有料)。

 

※Lexile Scoreとは、アメリカのMetaMetrics®社が開発した「読解力」および「文章の難易度」を示す指標です。世界165か国以上で活用されているほか、アメリカでは、小学3年生〜高校3年生の約半数が、英語能力テストの結果とともにLexile指数の判定を受けています。本は、単語数や難易度、構文の複雑さなどに基づきLexile指数がふられます。リーディングに適切な本の難易度は、個人のLexile指数を基準にマイナス100Lからプラス50Lまでの範囲です。たとえば個人のLexile指数が1000Lの場合、読書に適した範囲は900L〜1050Lになります。この範囲内の本に頻繁に触れることが、英語の読解力向上の一助となります。

【各種講演会・相談会の開催】

お子さんの外国語保持に保護者の皆さんに知っておいてもらいたいこと、大学入試制度改革とそれに伴う中学校入試など、帰国子女とその保護者に参考となるトピックで講師をお招きしての各種講演会、帰国子女を育てた経験を持つ日本カウンセラー協会認定カウンセラーによる保護者対象の少人数相談会を各地で実施しています。

また、学齢が低い時期に帰国したお子さんが、本教室で外国語を保持していることを入試などで考慮いただけるよう、各教室で帰国子女受入校の担当者による受講生対象の個別相談会を開催しています。

さらに、海外の日本人学校・補習授業校・インターナショナルスクールなどで、現在進行形で海外で外国語を学んでいるお子さんとその保護者を対象に、アドバイザーの服部孝彦先生による特別講演会も実施しています。

      

【白山麓サマーワークショップの開催】

2018年度から、英語で授業を行っている全寮制の帰国子女受入校である国際高等専門学校との共同企画で、石川県白山市にある同校の白山麓キャンパスにて受講生対象の宿泊型ワークショップ(有料)を開催しています(※)。日本全国から集まった受講生と海外から来日中のインターナショナルスクールの生徒で構成されたグループごとに同校の学生寮に宿泊しながら専門講師による指導のもと、Design Thinking(※)の手法を用いて英語で課題に取り組みつつ、高専の特徴でもある「ものづくり」や白山の自然に触れられるさまざまなアクティビティーが含まれたプログラムです。

   

※毎回、定員を大幅に超えるお申し込みをいただいているため、キャンセル待ちとなる場合があります。

※Design Thinking(デザインシンキング)とは世界のビジネス界や教育機関が注目する創造的問題解決法。モノやサービスの使用者となる人を起点に本質的な課題を探り、解決するためのアイデアを発想、アイデアをカタチにするプロトタイプ(試作)の製作とテスト、改善を繰り返すプロセスを通じて、より価値の高いユーザー体験を創りだすことを狙いとしている手法です。

 

【JOES STUDY TOURの開催】

2013年度から、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベンでホームステイしながら現地校に通うスタディツアー(お申し込み別途、有料)を実施しています(※)。南半球で季節が日本と逆になるため、夏休み期間中も学校で通常授業が行われているオーストラリアの中でも、冬でも温暖な気候で過ごしやすく治安もよいとされているブリスベンで自然に触れながらお子さんが海外の現地校で学んできた感覚を取り戻すことで、英語を保持することの大切さをお子さんに感じてもらう事を目的とした小学4年生(※)から参加できる特別なプログラムです。

※ツアー出発日時点で満10歳であることが条件です。

※本ツアーは2019年度より、株式会社アイエスエイが企画・実施しています。

 

【各種ワークショップの開催】

ハロウィンやクリスマスなど、海外で行われている季節の行事にちなんだワークショップを各地(※)で開催しています(申込み別途、有料)。本教室受講生でなくても参加可能なものもありますので、友人やごきょうだいをお誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。

   

※首都圏・中部地区では株式会社ルーツインターナショナルが企画・実施しています。


 

   

お問い合わせはこちらから

【首都圏・中部・WEB】教室事業チーム 外国語保持教室事務局
TEL:03-4330-1344 FAX:03-4330-1355

【関西】関西分室
TEL:06-6344-4318 FAX:06-6344-4328

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。