海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

日本人学校等学校採用教員 現役学校採用教員レポート

山田 江里子さん

平成28(2016)年度
【タイ】シラチャ日本人学校 学校採用教員

地元の教育大学卒業後新卒で赴任しました。現在は特別支援を担当しています。

応募のきっかけは?

私が通っていた高校が国際教養科ということもあり、周りの友達が海外に留学するなど、海外に興味のある人が周りにたくさんいました。そういったことから影響を受けて、海外に興味をもち、私自身もいつか海外で働いてみたいという夢を高校生の頃から抱いていました。大学4年生の時に教員採用試験を受けたのですが、落ちてしまったので、いっそのこと海外で教員はできないだろうかと思い、調べて応募したのがきっかけです。

日本人学校の様子

シラチャ日本人学校は、今年で開校8年目を迎える学校です。開校時は89名でスタートした児童生徒数も、現在では400名程度まで増加しました。海外にある学校だからこそ行える現地校との交流会や、タイ語の授業、1年間通して行われる水泳の授業など、タイならではの教育が行われています。また、シラチャ校のこどもたちは明るく素直で元気いっぱいです。

現地での生活

一人暮らしをするのも初めてでしたし、知らない土地で知り合いのいないところで暮らすことに最初の頃は不安でいっぱいでした。日本と比べると、道路のわきにはゴミが沢山捨てられていたり、虫が多かったりなど気になる面もありますが、この国の人々はとても優しく、親切です。タイ語が話せない私でも,困っていると必ず助けてくれます。食事に関しては,赴任当初はタイ料理がどうしても食べられなくて1ヶ月ほど日本から持ってきたカップ麺などを食べていました。しかし、今では少し食べていない期間があるだけでタイ料理が恋しいなと思うほど好きになっています。少し長めの連休の時には、海のきれいな島へ小旅行に行ったりしてリフレッシュしています。

これから応募を考えている方に一言

日本で教員をするのと大きく異なる点は、全国のいろんな都道府県から先生達が集まって仕事ができるということです。全国の先生方と一緒に仕事をしていろんな意見が聞ける、こんな機会はそうそう無いと思います。私はこの赴任期間の間に先生方からより多くの事を吸収したいと思っています。ここで培った経験が将来にきっと役立つと思いますので、応募を考えている方は是非チャレンジしてください。

現地校との交流会です。今年は本校で現地校を歓迎しました。

中学部の文化祭です。合唱コンクールでは中学生の歌声に感動しました。

タイの文化のクラトン作りです。全校児童・生徒が作りました。

体育発表会の様子です。暑い中、みんなお一生懸命頑張っていました。

一日のスケジュール

05:30 起床 朝ご飯はコンビニでパンを買います。
06:30 自宅を出発 学校の公用車が迎えに来てくれます。
06:55 出勤 1日の始まりです。
07:30 児童・生徒登校  児童生徒は、スクールバス、徒歩、車で登校します。
08:25 授業開始 担当している児童生徒の授業に入り込んだり、通級指導を行います。
12:10 昼食 自分でお弁当を作っている人もいますが、ほとんどの人はお弁当を注文しています。
15:50 児童・生徒下校 スクールバスのバス発車の時間に間に合うように児童生徒を送り出します。
16:00 夕会 職員同士の情報共有、連絡を行います。
20:00 業務終了 授業準備などを行い、1日の業務終了です。
20:30 帰宅 公用車の中では疲れて寝ていることが多いです。
21:00 夕食 時間と気力がないのでコンビニの冷凍食品で済ませることが多いです。
22:30 就寝 シャワーを浴びてすぐに寝ます。