海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

ナイロビ日本人学校(平成25年度)

(1)学校名 ナイロビ日本人学校
(2)責任者名 校長 平田 博嗣
(3)担当者名 現地教頭 田山 雅博
教諭 吉田 元樹
(4)事業の名称 アフリカンドラムの達人になろう
(5)事案の概要 日本の和太鼓と全く違うリズムで刻んでいくアフリカンドラム。本校は10年前からケニアの地で和太鼓に取り組んでいるが、今年度中学年部の総合的な学習の時間でアフリカンドラムに取り組むことで、アフリカンドラムのリズムを体感し、アフリカ文化の体得の一助とし、和太鼓のリズムなどと比較しながら文化理解を深めていった。
ケニア人講師を招くことで、現地語(スワヒリ語・英語)によるコミュニケーションはもちろんのこと、アフリカンドラムの演奏のほかにも、ダンスや歌を学ぶなかでケニア人の人柄にふれることにもつながった。また本校の現地交流校である「キリマニ校」をコンサートに招待し、アフリカ文化の学びを披露することで相手にとってわかりやすく楽しめる交流を行うことができた。
(6)実施時期 2014年3月(完了)
(7)経費確定額 円貨換算額:112,217円 現地通貨合計額:93,600ケニア・シリング
(8)成果物

・国際理解教育活動実施報告書
・中学年部便り『わくわく』
・児童の感想(報告書に記載)
・保護者や教員の感想・コメント(報告書に記載)
・ケニア人講師へのお礼の手紙(スワヒリ語または英語及び日本語訳)
・記録ビデオ

(9)写真等

プロドラマーとの出会い

先生との出会い

練習風景

勉強風景

現地交流校のダンスステージ

コンサートの様子

財団援助額 56,000円