海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

バトルクリーク補習授業校(平成25年度)

(1)学校名 バトルクリーク補習授業校
(2)責任社名 校長 鈴木 正憲
(3)担当者名 校長 鈴木 正憲
(4)事業の名称 国際理解・国際交流を目指したオープンハウスの実施
(5)事案の概要 本校は昨年度まで現地校や現地の人々との交流のできる行事や取り組みがほとんどなかった。今年度は現地の教育委員会やバトルクリーク市の関係者、本校の子供達がお世話になっている現地校の先生や現地校の子供たちを本校に招待して日本文化の紹介や体験を通して、交流するオープンハウスを計画した。平日に現地校に通っている本校の子供たちは現地校の行事への参加等でアメリカの文化に触れ、現地の子供たちに色々と教えてもらう機会は多い。今回は逆に本校の子供(もちろん保護者や日本人会関係者も)たちが日本の文化を紹介し、日本の伝統文化や日本の遊びを一緒に体験することにより、国際理解の1つの機会となり、国際交流の新たな始まりとなることを目指している。オープンハウスの内容としては、補習校の授業公開、体育館での日本文化(教科書・学習資料等の展示、日本の自然や建物、日本の行事や伝統芸能、日本の食べ物)を紹介し、茶道や習字、着物の着付け、そして日本の遊びなどを体験していただいた。実施日は11月16日(土)、3校時〜5校時(昼食時間を含め)であったが。この取り組みの一環として、その前に現地の子供に日本語を紹介する「日本語教室」を立ち上げ実施した。このオープンハウスの実施により、現地の大人や子どもだけでなく、本校の子供たちも日本の文化について改めて理解を深め、今まで以上に現地のお世話になっている現地校の先生や友達と親しくなり交流が深くなった。
(6)実施時期 2013年11月(完了)
(7)経費確定額 円貨換算額:162,196円 現地通貨合計額:1,549.03米ドル
(8)成果物

・平成25年度オープンハウス配付資料 ・学校便り ・記録ビデオ ・保護者や教員の感想・コメント

(9)写真等

看板

受付

開会の挨拶

運営委員長挨拶

在デトロイト総領事挨拶

バトルクリーク市長挨拶

公開授業 幼児部(年中・年少)

公開授業 小学部4年

合唱発表 幼児部、小1、小2

盆踊り発表 全校

あやとり体験

コマ体験

おりがみ体験

けん玉体験

将棋体験

福笑い体験

茶道体験

書道体験

着付け体験

紙芝居

日本文化の展示

日本食体験(カレーライス)

日本食体験(カレーライス)2

財団援助額 58,000円