海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

シラチャ日本人学校(平成23年度)

(1)学校名 シラチャ日本人学校
(2)責任者名 校長 松田 幸造
(3)担当者名 教諭 成合 弘太郎
(4)事業の名称 社会科副読本『わたしたちのシラチャ』作成
(5)事案の概要 シラチャ日本人学校は開校3年目を迎えた。小学部3,4年の社会科副読本はこれまで、姉妹校であるバンコク日本人学校編集・作成の「わたしたちのバンコク」を使用させていただいていた。同じタイの国なので、生活・文化・風習で共通する部分が多々あり、本校の子どもたちは、開校当初から社会科副読本を手にして学習することができるという、大変恵まれた状況だった。
一方で、シラチャの子どもたちにはシラチャ地域の実態に合ったものを作ってあげたい、という我々教員の願いがあり、開校3年以内に社会科副読本「わたしたちのシラチャ」を作成することは、開校当初からの目標でもあった。
制作に向けては2010年度より構想を練り、2011年4月に編集委員会を設立した。シラチャ警察署や消防署をはじめ、関係の皆様には取材の協力を、海外子女教育振興財団様には制作に関わる費用のご支援をいただき、2012年1月、完成にこぎつくことができた。
(6)実施時期 2011年04月〜2012年01月完了
(7)経費確定額 円貨換算額:504,000円 現地通貨合計額:180,000バーツ
(8)成果物

・社会科副読本 『わたしたちのシラチャ』

(9)写真等

@第2回編集委員会議の様子

A第4回編集委員会議で表紙の制作

B子どもたちが授業で活用している様子

C取材で訪れたチョンブリ県庁

D取材に応じてくれたシラチャ警察署長

E警察の防犯会議に編集委員も参加させていただいた

財団援助額 150,000円