海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

シンガポール補習授業校(平成20年度)

(1)学校名 シンガポール補習授業校
(2)責任社名 校長 森 宏介
(3)担当者名 同上
(4)事業の名称 アジア大洋州補習授業校ネットワーク研修会
(5)事案の概要 以前より、補習授業校が抱える問題点や課題を協力して解決するためのネットワークの必要性は論じられてはいたものの、アジア大洋州においては、半径5000qという広範囲に30校あまりが点在するという状況であったため、これまでに、相互に協力することはもちろん、隣同士の補習校が協力し合うことすらなかった。今回、はじめて、補習校6校、国内外の3団体の代表が、シンガポールに集まり、研修会という形で成果を報告したり、質問したりする機会を設けることができたのは画期的な出来事であると言える。とはいえ、わずか1日、それも参加した補習校が、相互に他校の実践に学ぶという形式で行ったため、研修会として、十分な成果を上げるには至っていないが、今後、ウェブ上で、それぞれの学校が独自に作成したカリキュラムや指導案、ワークシート等の学習材を共有したり、相互に相談し合ったりする場を設定することに合意することができたのは、この上ない成果であると言える。加えて、来年以降も継続して開催することで意見がまとまるなど、より強固なネットワークづくりにつなげる可能性がでてきたことは大きな成果であると言える。
(6)実施時期 2008年12月完了
(7)経費確定額 円貨換算額:218,902円 現地通貨合計額:SGD2,806.44
(8)成果物 ・アジア大洋州補習授業校ネットワーク研修会要項
・アジア大洋州補習授業校ネットワーク研修会会議記録
・新聞記事(読売新聞国際版8月29日付)
・新聞記事(週間NY生活9月13日付)
(9)写真等

ネットワーク研修会の会場全景その1

ネットワーク研修会の会場全景その2

財団援助額 110,000円