海外学校(在外教育施設)関係者のみなさま

教育活動等援助 過去の援助実績

ニューヨーク日本人学校(平成16年度)

(1)学校名 ニューヨーク日本人学校グリニッチ校
(2)責任社名 校長 登喜 龍一郎恵
(3)担当者名 教諭 佐藤 正明
(4)事業の名称 アメリカ現地校との算数共同研究による個に応じた指導・支援の開発
(5)事案の概要 今、アメリカの算数教育では日本の授業研究(Lesson Study)が注目され、そのスタイルを学ぼうとしている教育関係者、教師が多数いる。本校では、NJ州にあるパターソン#2パブリックスクールとの算数数学科における共同研究を通して、日本の授業研究のスタイルや問題解決学習の方法などを紹介しながら地域の現地校との交流を続けてきている。
今年度は、これまでの共同研究に加えて、アメリカの算数教育に実績のある研究者や先進校との研究を通して、日米の算数教育の特色を生かした個に応じた指導を開発していきたいと考えた。具体的には、パターソン#2スクールとの定期的なグループ・ミーティングやオープンハウス(両校での公開授業研究会)、算数教育研究者(大学)や研究先進校への訪問やインタビュー、そして、アメリカの算数教材の調査や文献研究などを通して、アメリカにおける算数教育の個に応じた指導法(発展的、および補充的な指導のあり方)を探っていく。
このようなアメリカにある在外教育施設としての特色ある教育活動を取り入れた研究を推進していくことで、昨今、注目され続けている「個に応じた指導の充実」を日本とアメリカという2つの視点からより多面的に探求していく。そして、この研究を通して日本人学校に通う児童・生徒の一人一人の興味関心を高め、能力や個性などを十分に伸ばすことができると考えた。
(6)実施時期 平成16(2004)年8月〜平成17(2005)年2月 完了
(7)経費確定額 936,701円(8515.47USドル)
(8)成果物

研究紀要

(9)写真等

日本人学校におけるLesson Study Open House

アメリカ教材を用いた個に応じた指導支援の授業

アメリカ現地校の先生方との研究協議会

パターソン#2スクール、ティーネック・スクールの先生たちとの授業づくり

財団援助額 540,000円