海外子女教育振興財団 ホーム
サイトマップ

WWW を検索 www.joes.or.jp を検索
維持会員 赴任〜帰任まで 在外教育施設支援 教育関係情報 各種募集 リンクページ
  ホーム >  在外教育施設支援 > 教材整備(文部科学省補助
教材整備(文部科学省補助)
在外教育施設向けの教材整備事業です。
文部科学省の補助を得て、日本国政府援助対象校である日本人学校・補習授業校・私立在外教育施設(一部)の小学部・中学部に対して教材の充実・整備を行っています。


2016(平成28)年度
担当からのご案内
2016年度教材整備事業については、以下のスケジュールにて実施します。 ご案内は全てメールにて連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。
お送りした「申請書」は、必ず6月10日(金)正午[日本時間]までにご提出をお願いします。
実施の流れ 年間の予定は以下の通りとなります。

本事業では、原則、教材の受領時期についてご指定いただくことができません。
長期休暇中も教材を受領できるようご準備ください。
詳細については下記の「手引き」をご覧ください。

※日時はすべて日本時間です。
  
内 容 対 応 日 程
@配分額決定に関する質問書の送付・回答 財団⇔学校 2016年4月15日(金)正午迄 完了
A教材整備対象校へ配分額のご案内 財団⇒学校 2016年5月20日(金)   完了
B申請参考用カタログの送付 財団⇒学校 2016年5月22日〜     完了
C対象品目確認期間 学校⇒財団 2016年6月3日(金)正午迄   完了
D申請書の提出 学校⇒財団 2016年6月10日(金)正午迄   完了
E申請教材の見積・手配
 (申請内容問い合せ含む)
財団⇔手配業者
財団⇔学校
2016年6月中旬〜7月下旬頃  完了
F申請教材の送付 送付業者⇒学校 2016年6月末〜10月下旬頃   
G物品受領書の提出 学校⇒財団 教材を受領後すみやかに提出   
H教材備品管理台帳の提出 学校⇒財団 物品受領書と一緒に提出 
教材整備事業の手引き 本年度の「教材整備事業の手引き」並びに「教材現地調達の手引き」です。下記よりダウンロードできます。

2016(平成28)年度在外教育施設教材整備事業の手引き 

2016(平成28)年度在外教育施設教材整備事業 教材現地調達の手引き 

申請対象品目の参考サイト 【一般教材】整備教材の基準となる文部科学省の教材機能別分類表はこちらから。
文部科学省「学校教材の整備」サイト
  文部科学省・小学校教材整備指針
  文部科学省・中学校教材整備指針

【理科教材】理科教育のための設備の基準に関する細目を定める省令はこちらから。
理科教育のための設備の基準に関する細目を定める省令

【対象外品目】申請することができない対象外品目の例はこちらから。リーフレット内容は日々更新されますので随時ご確認ください。
「申請対象外品目一覧」リーフレット

【全般】申請の参考として一般教材や図書教材等を検索できる、教材会社や出版社等のリンク集です。
※カタログによっては税抜きの本体価格のみ記載されている場合があります。必ず税込単価を計算(税率8%)してください。
教材会社・出版社等リンク集

 

学校別進捗状況 学校毎に申請書等受付から教材の手配、送付に関する情報について、随時更新いたします。適宜ご確認ください。

日本人学校・私立在外教育施設
補習授業校

物品受領書 教材、教具の受領時に必ずご提出ください。下記よりダウンロードできます。

物品受領書 (Excel 24.5KB)


<お問い合わせ先>
公益財団法人 海外子女教育振興財団 事業部 助成チーム 教材整備事業担当
〒105-0002 東京都港区愛宕 1-3-4 愛宕東洋ビル6F
TEL: +81-3-4330-1348  FAX: +81-3-4330-1356
E-mail: seibi@joes.or.jp
___________________________________________________________________________________
教材整備

教材会社・出版社等リンク集

学校別進捗状況
 
日本人学校・私立在外
補習授業校

 
PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat(R) Readerが必要です。
Adobe Acrobat Reader
ダウンロードページ
▲ページトップへ
戻る
 |案内地図財団概要公開情報お問い合わせアクセシビリティ使用条件プライバシー
Copyright(C) : Japan Overseas Educational Services