出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年1月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年1月号2017.01.30

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 

2017年度


 

2016年度

最新号

12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月

3月
2月







 

機関誌『海外子女教育』(月刊)2018年1月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

最新号(2018年1月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】
 

★年頭のご挨拶
石原 邦夫(海外子女教育振興財団会長) (PDF)
特集1:
日本人学校における現地理解の取り組み
12校の日本人学校の子どもと先生から、その学校ならではの
現地理解教育についての投稿をいただきました。
日本人学校の魅力がたっぷりです。
特集2:
帰国子女OB・OGが語る私の仕事
かつての帰国子女5人のみなさんに、それぞれの仕事について紹介していただき、
仕事に対する思いを語っていただきました。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
敬語編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
ラグビーに学ぶ(後編)
生後10カ月の悠を連れてインドのコルカタに赴任した芳彦と朋子。
衛生状態は決してよくはなかったが、人間関係には恵まれ、エキサイティングな異文化体験を楽しんだ。
家族で過ごした1年半のコルカタ生活のあと、バンコクへ転勤。
根っからのラガーマン芳彦は、バンコクでもラグビーを楽しんだ


受け入れ校紹介〜学校会員ファイル178
開成中学校・高等学校
 
「ただいま何人!?―在外教育施設在籍者数」〈PDF〉
 
海外校シリーズ:
リマ日本人学校(PDF)
<学校HP>
蘇州日本人学校(PDF)
<学校HP>
リスボン補習授業校(PDF)

日本人学校・補習授業校タマテバコ(PDF)
補習授業校における日本語能力向上のための総合的なプログラム開発
海外子女教育振興財団 教育相談員 佐々信行
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
児童文学者 宮地敏子

幼児がいます。読み聞かせをしてもなかなか集中してくれません。どうしたらよいのでしょうか
 
隔月シリーズ オススメの一冊

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

奥付 (PDF)  

 
 
 
ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。