出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年12月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年12月号2017.11.16

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 

2017年度


 

2016年度

最新号

11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月

3月
2月
1月







 

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年12月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

最新号(2017年12月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】
 

今月の顔
長光 大慈さん(NPOメディア「ganas」編集長)
発展途上国からの現地ルポや開発援助をテーマにした取材記事を扱う
NPOメディアの編集長。高校時代、アメリカ・カリフォルニアの現地校に通いました。
「帰国子女は『英語』ではない。文化の違う人とも、どんな会話をすれば盛り上がるか、に
気づける能力を養うことが大切」と語ります
特集1:
日本各地からの帰国生我が校紹介
愛光中学・高等学校(愛媛県)、英数学館中学校・高等学校(広島県)、
清教学園中・高等学校(大阪府)、京都聖母学院中学校・高等学校(京都府)、
立命館守山中学校・高等学校アカデメイアコース(滋賀県)を紹介します。
特集2:
海外で楽しむ日本の行事
国内外から、海外で日本の行事を楽しむアイディアやエピソードを
投稿していただきました。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
漢字編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
ラグビーに学ぶ(前編)
生粋のラガーマンである芳彦と、おっとりと楽天的な朋子。
当時、「貧困」や「混沌」ということばで語られることの少なくなかったコルカタ(旧カルカッタ)で、
生後10カ月の悠と三人の生活がスタートした。1997年のことだ。


受け入れ校紹介〜学校会員ファイル177
大妻多摩中学高等学校
大妻多摩中学高等学校>
海外子女教育振興財団
「帰国子女のための学校便覧2018」(PDF)
 
海外校シリーズ:
モスクワ日本人学校(PDF)
<学校HP>
バリ補習授業校(PDF)
<学校HP>
バトンルージュ補習授業校(PDF)

日本人学校・補習授業校タマテバコ(PDF)
アメリカの補習授業校 インタビュー調査報告(2)
文部科学省国際教育課外国人児童生徒教育支援プロジェクトオフィサー 近田由紀子
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 熊谷勝仁

出国や帰国の時期によっては子どもの生年月日に注意しないといけないと聞きました。どういうことでしょうか
 
隔月シリーズ 子どもの本棚

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

奥付 (PDF)  

      
 
 
 

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。