出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年6月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年6月号2017.01.30

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 

2017年度

 

2016年度

最新号
5月
4月

3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月


 

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年6月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

最新号(2017年6月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】
 

★今月の顔
佐藤 秀典さん(ラグビー日本代表通訳・ボーカリスト)
ラグビー日本代表通訳で、デスメタルバンドのボーカリストでもある佐藤秀典さん、
10歳から高校卒業までをオーストラリアで過ごしました。
現地での友達づくりに一役買ったのは「変顔」。
「通訳って、我が強いとできないんです。芯を持ちながら七変化するカメレオンが理想ですね」。
特集1:
補習校の課題と実践
多様なバックグラウンドを持つ子どもたちに補習校はどう向き合っていくのでしょう。
さまざまな課題に取り組む5つの補習授業校の挑戦を紹介します。
特集2: 大学ミュージアムに注目!
大学にあるミュージアムを紹介します。
(オススメのミュージアムの一覧は必見です。
「お宝がない!?」「イチオシの研究を発信!?」「キャンパスが美術館!?」
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
漢字編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
「家族の絆の礎となったアメリカ生活」(前編)
転勤先の福岡で突然海外赴任を伝えられた公正と妻の博子。
仮住まいの社宅からロサンゼルスへの引っ越しはバタバタだったが、
当時小4と小2だった息子たちは現地校に編入し、新しい生活が始まった


★受け入れ校紹介〜学校会員ファイル171
自由の森学園中学校・高等学校
<自由の森学園中学校・高等学校>
海外子女教育振興財団
「帰国子女のための外国語保持教室」からのお知らせ (PDF)

海外校シリーズ:
グアム日本人学校(PDF)
<学校HP>
シュツットガルト補習授業校(PDF)
<学校HP>
サントドミンゴ補習授業校(PDF)

日本人学校・補習授業校タマテバコ(PDF)
子どもの側の視点から、海外での教育に新しい風を!
文部科学省  国際教育課外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサー 近田由紀子
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
チューリップロンドン英徳学園代表 大貫久子
幼児を連れて海外に行きます。日系の幼稚園はありません。家庭内でできる母語教育について教えてください

 
隔月シリーズ: 子どもの本棚

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

奥付 (PDF)  

 

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。