出版物

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2016.12.01

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 
2016年度

最新号
2月

1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4

機関誌『海外子女教育』(月刊)

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

2016年12月号 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】

 
★今月の顔:

中野 優理香 さん(宇宙航空研究開発機構〈JAXA〉管制統括官〈フライトディレクタ〉)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)で管制統括官(フライトディレクタ)として
活躍する中野優理香さん。
10月末まで国際宇宙ステーションに長期滞在した
大西宇宙飛行士のミッションを地上から支えた中心スタッフの一人です。
アメリカにいた小学校二年生のとき、サイエンスのクラスで、
火星について研究発表したのが、宇宙に興味を持ったきっかけとのこと。
「やりたいと思ったことは、まずやってみます。

迷った末にやらないと、あとあと後悔すると思います」と、語ります。

特集1: 日本各地からの帰国生我が校紹介
日本のあちこちで頑張っている帰国生たちに、自分が通う学校を
紹介してもらいました。
・函館ラ・サール高等学校(北海道函館市)
・駿台甲府高等学校(山梨県甲府市)
・金城学院高等学校(愛知県名古屋市)
・如水館中学校(広島県三原市)

・明徳義塾高等学校(高知県須崎市)
特集2: リオ五輪を見た世界各地の海外生
海外に住む子どもたちはどのようにリオ五輪に向き合い、
楽しんだのでしょうか。
開催地であることを生かして積極的な取り組みを行った
リオ・デ・ジャネイロ日本人学校の実践をはじめ、

各地から届いた子どもたちの生の声をお届けします。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定  (PDF)  
総合問題編
<日本語検定委員会>
連載: 家族/クロスカルチャー
時計を見ないで暮らす(前編)
思いがけなく出た転勤辞令、行き先は「聞いたことはあるけれど」
という程度の、なじみのないヨーロッパの小さな国。
戸惑いながら引っ越した国での暮らしは、
やがて家族にとってかけがえのない経験になっていく。
帰国して一年になる仲良しの母と娘が、穏やかで美しい国での
日々をふり返りながら語ってくれた。


★受け入れ校紹介〜学校会員ファイル165
栄東中学・高等学校
<栄東中学・高等学校>

海外子女教育振興財団
『帰国子女のための学校便覧2017』 (PDF)
第37回海外子女文芸作品コンクール作品集『地球に学ぶ』 (PDF)


★海外校シリーズ:

シカゴ日本人学校
<学校HP>
アデレード補習授業校
<学校HP>
クウェート補習授業校


日本人学校・補習授業校タマテバコ(新連載!)
 

シリーズ: 聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 平彰夫
幼児を連れて帰国する場合に気をつけておくべきことを教えてください。
 
隔月シリーズ: オススメの一冊

ニュース お知らせ (PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

○在留邦人子女数まとまる
○公立学校における帰国・外国人児童生徒等受入れに係る取組について(文部科学省)
○海外子女教育基礎講座を東京、名古屋、大阪で開催(海外子女教育振興財団)
○外国語保持教室、ハロウィンワークショップを実施(海外子女教育振興財団)
○年末・年始の業務予定(海外子女教育振興財団)
●海外赴任前セミナーを 1/18(水) 2/15(水)に開催(日本在外企業協会)
●日本語検定実施予定(日本語検定委員会)
●「保育研修制度」スタート(ニューヨーク育英学園)

奥付 (PDF)

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。