出版物

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2016.09.01

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 
2016年度

最新号
2月

1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4

機関誌『海外子女教育』(月刊)

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

2016年9月号 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】

 
★今月の顔:

飯塚 文枝 さん(人類学者)

おもに中南米をフィールドに活動している人類学者の飯塚文枝さん、
小学校低学年の時期にニューヨークで過ごした帰国子女です。
調査研究のために未知の世界に入っていくのは日常茶飯事。
「子どものころにアメリカという国を自分の目で見て、
人種や文化の多様性を受け入れる素地ができていたのだと思います。
だからことばや文化がまったく違う社会でも恐れずに飛び込んでいけた」

と、語ります。

特集1: 世界各地からの海外生我が校紹介
海外の学校で、日本人の子どもたちはどんな学校生活を送っているのでしょうか。
スイス、エチオピア、ラオス、アメリカに暮らす4人の中学生・高校生に、
自分が通っている学校を紹介してもらいました。
特集2: 中学校の部活動
日本国内の学校の部活動は海外で暮らす子どもたちの関心事の一つ。
「ブカツってなに?」
「学年の途中からでも入れるの?」

そんな疑問に答えるため、東京都大田区立東調布中学校を訪ねてみました。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)  
言葉の意味編
<日本語検定委員会>
連載: 家族/クロスカルチャー
二つの異なるヨーロッパ(前編)
ポーランドに赴任した準一郎と妻の若菜、そして幼い息子・巴樹は、
現地での生活にも慣れ、楽しい毎日を送っていた。
いろいろな国の友人も増えた三人が、次に赴任することになったのは……。


★受け入れ校紹介〜学校会員ファイル162
京華女子中学・高等学校
<京華女子中学・高等学校>

海外子女教育振興財団
学校便覧 (PDF)
学校採用教員 (PDF)


★海外校シリーズ:

カラカス日本人学校
<学校HP>
ブカレスト日本人学校
<学校HP>
エリザベスタウン補習授業校
<学校HP>

日本人学校・補習授業校タマテバコ(新連載!)

補習授業校の課題を解決! デトロイト補習授業校(寄稿)

シリーズ: 聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 小出治夫
帰国後の学校はどのように選べばよいのでしょうか。
 
隔月シリーズ: オススメの一冊

ニュース お知らせ (PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

○帰国生のための学校説明会・相談会を国内三都市で開催(海外子女教育振興財団)
○『帰国生への学校案内《関西》2017』(関西帰国生親の会かけはし)
○『母親が歩いて見た 帰国生のための学校案内2017(首都圏版)中学・高後編』(フレンズ帰国生母の会)
○2016年度後期用教科書送付について
○2017年度大学入試センター試験実施概要
●海外赴任前セミナーを 9/2(金)11/16(水)に開催(日本在外企業協会)
●日本語検定実施予定(日本語検定委員会)
●「保育研修制度」スタート(ニューヨーク育英学園)

奥付 (PDF)

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。