出版物

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2016.05.01

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 
2016年度

最新号
2月

1月
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4

機関誌『海外子女教育』(月刊)

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

2016年5月号 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】

 
★今月の顔:

成田 岳 さん(フジテレビジョン国際開発局事業開発部 ドラマ演出家)
 

フジテレビジョン国際開発局に勤務されている
ドラマ演出家の成田岳さん。
代表作に『プロポーズ大作戦』『ミス・パイロット』等があります。
「みんなが同じ番組を見て笑えるような世界になれたら…」と語り、
夢は「世界平和」。
「海外経験は必ず人生の糧になる。
得たもので何をするかということを一生懸命に考えてほしい」と
メッセージを送ります。

特集1: 補習校の課題と実践―多様な期待への対応
世界各地にある補習授業校は国や地域によって、
多種多様な取り組みをしていますが、
さまざまな保護者の要望や運営事情のなか、
授業の方針に苦慮している学校は少なくないようです。
今回は、いろいろな期待に対応すべく挑戦している四校を紹介します。
・スコットランド補習授業校(イギリス)
・セントルイス補習授業校(アメリカ)
・ニュージャージー補習授業校(アメリカ)
・カンタベリー補習授業校(ニュージーランド)
特集2: 和食家庭料理の魅力
「SUSHI」「RAMEN」は、いまやすっかりグローバルなグルメ。
さらに2013年に「和食」はユネスコ無形文化遺産に登録され、
家庭料理にも注目が集まっています。
そこで、長年、外国人留学生のホストファミリーを務めてきた
料理研究家の小山朝子さんに、和食家庭料理の魅力や
つくるコツを聞いてみました。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)   
総合問題編
<日本語検定委員会>
連載: 家族/クロスカルチャー
家族みんなが帰国子女(後編)
運転免許証の切り替えに苦労した奈津子。
広いアメリカ国内を飛び回る経済記者の博隆。
そんなふたりの愛娘・茉由は日系の幼稚園から現地の
キンダーガーテンへ……。
そしていま、帰国して五年弱。
ふたりが娘に望んでいることとは。

★受け入れ校紹介〜学校会員ファイル158
城西大学附属城西中学・高等学校
<城西大学附属城西中学・高等学校>

海外子女教育振興財団
2016年度学校説明会・相談会のご案内 (PDF)
第37回海外子女文芸作品コンクール概要 (PDF)


★海外校シリーズ:

プラハ日本人学校
<学校HP>
バハレーン日本人学校
<学校HP>
ポート・オブ・サクラメント補習授業校
<学校HP>

日本人学校・補習授業校タマテバコ(新連載!)

シリーズ: 聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 佐々信行
乗り気でない子どもを連れて、家族で前向きに渡航するためにはどうしたらよいでしょうか。
隔月シリーズ: オススメの一冊

ニュース お知らせ (PDF) 詳細は各HPをご覧ください。

★海外子女教育振興財団の2016(平成28)年度事業計画と予算が決定
 ―2015年度第二回理事会
〇2016年度新規援助対象校
〇海外子女の作品が入賞―第7回子どもノンフィクション文学賞(北九州市)
〇学校会員連絡協議会を開催(海外子女教育振興財団)
○帰国子女を考える会(第72回例会開催)
○第3回トリエンナーレ 自由の女神アート作文コンクール募集要項(ニューヨーク育英学園)
●海外赴任前セミナーを 5/24(火) 6/23(木)に開催(日本在外企業協会)
●日本語検定実施予定(日本語検定委員会)
●サマースクールの案内(HLAB)

奥付 (PDF)

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。