出版物

  • Home
  • 出版物
  • 機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年10月号

出版物

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年10月号2017.09.13

B5判 56ページ ISSN0287-7058

◆バックナンバー◆
 

2017年度

 

2016年度

最新号

9月
8月
7月
6月
5月
4月

3月
2月
1月
12月
11月
10月
9月





 

機関誌『海外子女教育』(月刊)2017年10月号

※「企業・団体会員」の海外拠点や所属するご家族へは、毎月、日本国内の企業・団体等を通じて必要部数を無償でお届けしています。維持会員のご確認は 維持会員一覧表 をご参照ください。個人で直接ご注文いただく場合は有償となります。

 

最新号(2017年10月号) 維持会員企業・団体の方はWEB上で閲覧できます。【維持会員専用サイト】
 

★今月の顔
篠田 真貴子さん(「ほぼ日」CFO)
糸井重里氏が主宰する「ほぼ日」CFOの篠田真貴子さん、
小学生のときにアメリカで過ごした帰国生です。
「つねに自分の中に違う考え方や価値観が並存している。
自分がないのではなくて、それが自分なんです」と、語ります。
特集1:
受け入れ校が帰国生に期待すること
帰国生受け入れ校として実績のある4校を取材、
特長や性格は大きく異なるが、ひとつのキーワードが
共通項として現れてきました。それは……。
特集2: 現地校通学―不安や心細さを越えて
これから海外に行き、現地の学校に通うことになる子どもたちは、
どんな不安や心細さを感じているのでしょうか。
そして、先輩たちはどうやって克服したのでしょうか。
連載: 挑戦!にほごんの日本語検定 (PDF)
言葉の意味編
<日本語検定委員会>
連載:
家族/クロスカルチャー
日本人としての「軸」を持ってほしい(前編)
同い年の智幸と由佳子は新婚生活をロシア・モスクワで送った。
その後、ベルギー、ドイツ、アメリカ、インドへ移り住み、四人家族になっていく。
ふたりが子育てにおいて信条としていたことは……


★受け入れ校紹介〜学校会員ファイル174
川村中学校・高等学校
<川村中学校・高等学校>
 
海外校シリーズ:
広州日本人学校(PDF)
<学校HP>
ダハラン補習授業校(PDF)

プリンストン補習授業校(PDF)

日本人学校・補習授業校タマテバコ(PDF)
ダラス補習授業校の挑戦への支援
SG5運営指導委員会委員長 目白大学長 佐藤郡衛
シリーズ:
聞いてみよう! 子どもの教育
海外子女教育振興財団 教育相談員 中山順一
受験のために一時帰国します。宿泊先を含め、帰国時や滞在中の留意点を教えてください
 
隔月シリーズ: 子どもの本棚

ニュース お知らせ PDF)  詳細は各HPをご覧ください。

奥付 (PDF)  

誌面掲載広告(名称からは広告ページに、(HP)からは各ホームページに繋がります。)
大妻中野中学校・高等学校 (HP)
慶應義塾ニューヨーク学院 (HP)
代々木ゼミナール国際教育センター (HP)

茗溪学園中学校高等学校 (HP)
 

本体価格 700円+税(税込価格 756円)

※国内送付経費は無料です

送付経費込みの価格(円)

  日本国内 地帯1
アジア、アジア地域の米国領
地帯2
北米、中米、西インド諸島、
欧州、中近東、大洋州
地帯3
南米、アフリカ
1か月分 756 950 1,000 1,050
1年間分 9,072 11,400 12,000 12,600

2013年度以前のバックナンバー 600円(税込)※地帯1:800円、地帯2:850円、地帯3:900円

ご購入のお申し込みサイトへ
一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

【東京】情報サービスチーム TEL:03-4330-1349 FAX:03-4330-1355

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。