海外子女教育ニュース

海外子女教育ニュース

在留邦人子女数まとまる(外務省)(2017年12月号)2017.11.20

外務省は、海外に長期滞在する在留邦人(永住者を除く)のうち、2017年4月15日現在で義務教育年齢にある子ども(以下、在留邦人子女)の人数について、調査結果をまとめた。
これによると在留邦人子女数は8万2571人で、日本人学校在籍者が1万9759人(全体の23.9%)、補習授業校在籍者が2万1458人(同26.0%)、その他(現地校やインターナショナルスクール等のみの在籍者、私立在外教育施設の在籍者および不就学者)が4万1354人(同五0.1%)となっている。
就学状況を地域別に見ると、全体としていちばん多いのはアジア(全体の39.3%)で、次いで北米(同32.5%)、欧州(同20.2%)、大洋州(同3.4%)、中南米(同2.4%)、中東(同1.3%)、アフリカ(同0.9%)となった。

一覧に戻る