JOESご利用者のみなさま

 実績と経験に基づいたプログラム

長年の保持教室の実績と専門家の監修による、身に付いた語学力を効果的に保持するための理論に基づき、身につけてきた語学力を定着させるために有効な方法である「読み書き能力」の強化と、「コミュニケーション力」の強化を2つの柱として構成されています。

 帰国子女のための教室

受講生は全員帰国子女です。授業はすべて英語(フランス語)で行い、より海外の現地校に近いスタイルで、英語(フランス語)を国語として学びます。

 学年・レベル別のクラス編成

クラスは学年と外国語力の保持レベル別に編成されており、お子さんのレベルに合った授業を行います(フランス語は、学年を軸にクラスを編成しています)。

  服部 孝彦教授(言語学博士・外国語保持教室アドバイザー)

言語学博士。大妻女子大学・同大学院教授、早稲田大学講師。

国連英検統括監修官、文部科学省検定中学英語教科書『ニューホライズン』編著者のひとり。

自らも、初等・中等・高等教育を日米両国で受けた帰国子女である。専門は第二言語喪失。

外国語力は、読む力、書く力、聞く力、話す力の四技能に分けられますが、この四技能は別々に学ぶより総合的に学ぶ方が効果的です。

帰国子女にとって、日本にいながら四技能を総動員する機会が与えられるのは外国語保持教室です。

私がアドバイザーを務める財団の外国語保持教室は、長年の実績を持ち、指導は帰国子女の外国語保持の言語学の理論に基づいています。クラスは児童・生徒の外国語力と年齢をもとに編成をしているため、適切なレベルの授業を受けられます。

すべて外国語で行われる授業は、帰国子女にとって四技能を駆使する貴重な場所です。家庭学習と併せて有効にご活用ください。

  Chris Beyfus (Head Teacher) 

イギリス出身。1996年より外国語保持教室講師を務めている。現在はHead Teacherとしてカリキュラム作成、講師指導および、愛宕教室でのクラスも担当している本保持教室の中心的存在。

Welcome to the Japan Overseas Educational Services website. Since 1974, JOES has been providing a very special education for very special children: children who have been lucky enough to have lived and been educated overseas. We know that in order to achieve their potential, pupils must feel happy and secure - with friends whose company they enjoy and teachers whom they trust and respect. Class is a place for work, but also a place to be enjoyed - somewhere to learn and somewhere to grow. We pride ourselves on the friendly, welcoming atmosphere we have all worked so hard to develop. For me as a teacher at JOES since 1996, it has been a fulfilling experience. I am proud to be part of an organization that truly has the best interests of your children at heart.

        

外国語保持に関する小冊子無償配付

 

お子さんの外国語保持のため、保護者の皆さんに知っておいてほしいことをまとめた小冊子『お子さんの外国語保持のために』をご希望の方には無償で配付しています。詳しくは事務局までご連絡ください。

         

     

      

自宅で読書ができるよう、各教室にライブラリーを設け、図書(英語・フランス語)の無料貸し出しを行っています。

     

      

各学期終了後、担当講師から受講生一人ひとりの、教室での成果や家庭学習上のアドバイスなどを書いたレポートカードをお渡しします。

 

※レポートカードは、「保持教室マイページ」よりご確認いただきます。

     

       

   

       

1学期にParents' Dayとして、2学期にOpen Classとして、年に2回授業参観日を設け、保護者の皆さんにクラスでのお子さんの様子をご覧いただく機会を設けています。1学期には、保護者の方と先生との懇談会もあります。なお、高校生クラスについては、授業参観は実施しておりません。

なお、受講生の学習環境を守るために、授業参観日以外での授業見学はお断りしておりますので、この日にご参観をお願いいたします。

   

   

      

       

外国語保持教室では入室テスト時、アドバイザーを務める服部孝彦先生による講演会(会場によっては講演会の様子を収録したDVD上映)を入室希望者の保護者全員を対象に実施しています。また受講生の保護者を対象に、服部先生ならびに、カウンセラーの小木曽道子先生が教室を巡回し、保護者への情報提供ならびに、外国語保持教室や子育てについてご相談にお答えする「少人数相談会」も実施しています。

その他、お子さんも対象とした特別講演会も不定期に実施しています。

   

   

          

ハロウィンやクリスマスなどの季節の行事(ワークショップ)や、受講生を対象とした全教室でのコンテストの各種イベントを行っています。

各種ワークショップは、別途お申し込みが必要です。

 

 【保持教室内コンテスト 例】

   -Haiku

   -Poetry

   -Manga

   -50-Word Narrative Contest  等


 

   

 

      

首都圏 (東京・横浜)、中部 (名古屋)、関西 (大阪)において、7月下旬から8月上旬にかけて読み書きの強化と短期集中コースのメリットを活かした集中講座(サマースクール)を開いています。

サマースクールは、1日に90分の授業(例えば、EnglishやScience, Drama等)を4コマで、4日間学びます。授業内容は、開講場所により変わります。

このサマースクールは、外国語保持教室に通っていないお子さんでもお申し込みができます。

 

また毎年7月下旬から8月上旬にかけて、保持教室の受講生を対象としたオーストラリアへのStudy Tourも開催しています。ホームステイをしながら、現地校の通常学級に入り、たくさんのお友達を作っています。

   

お申し込み

サマースクール専用の申込WEBフォームより、お申し込みをお願いいたします。

募集開始は、毎年、5月初旬頃です(外国語保持教室受講生には、保持教室マイページを通じて全員にご案内いたします)。

Study Tourは保持教室受講生のみが対象なので、保持教室マイページでご案内をいたします。

お問い合わせはこちらから

【首都圏・中部・WEB】教室事業チーム 外国語保持教室事務局
TEL:03-4330-1344 FAX:03-4330-1355

【関西】関西分室
TEL:06-6344-4318 FAX:06-6344-4328

[平日(月〜金) 9:30〜17:30]
※電話・FAX番号のお間違えにご注意ください。